個を尊重した教育の必要性

国が豊かになってから、留まることのない競争社会が生まれています。

個を尊重した教育の必要性

個を尊重した教育の必要性 国が豊かになってから、留まることのない競争社会が生まれています。学校も例外ではなく、順位や勝ち負けを重視する風潮が続いています。その風潮が強まるほど子供達が感じる挫折の度合いは強くなっています。それは優れた結果を出さなければ存在価値を見失うからで、まだ学校以外の世界を知らない子供達にとっては逃げ場のない落ち度と受け取ってしまいます。

それにて中には自ら命を絶つことを考えるまでに追い詰められる子供もいます。そんなリスクを抱えた子供達が現代には大勢いて、この状況を改善するには教育の見直しが必要との見方があります。それは個の尊重の見直しでもあり、それぞれの子供に価値があるということを伝えることでもあります。

社会は色々な人で構成されていて、全ての人に役割があると伝えることで、自身の能力を生かす生き方を尊重する教育が今必要ではないかとの見方があります。昔から言い伝えられている職業に貴賎なしとの意味を、これからの社会を築く子供達が上手く調和を取って生きやすいように教育する必要があるとの見方が強まっています。

■注目の情報

Copyright (C)2019個を尊重した教育の必要性.All rights reserved.